専業主婦借り入れ可能※内緒で借りる!即日融資カードローン

理由は様々ですが、急な出費で融資してほしい!
でも、家族バレしたくない、夫には内緒にしたい、専業主婦でも借入できるのか・・・。
上手な方法を使えば専業主婦でも融資可能です。
収入の無い専業主婦が借入できるのは、銀行カードローンです。
なぜ、消費者金融では無く銀行カードローンなのでしょうか。

銀行カードローンに申込む理由

総量規制の対象の業者は専業主婦では申込できません。
消費者金融は総量規制の対象となるため専業主婦でも作れるカードローンではないのです。
しかし、総量規制の対象外なら申込できます。
お金を借りたいのであれば銀行カードローンを利用しましょう。

総量規制の対象と対象外が大きな差

総量規制は貸金業法で制定されている制約です。
消費者金融は貸金業法を守るので、総量規制対象ですが、銀行は貸金業法ではなく守るべき法律は銀行法のため総量規制対象外になります

特徴としてそれは総量規制により、借入総額が年収3分の1までというルールがありますが、パートやアルバイトを
している専業主婦以外で、収入がゼロの専業主婦にも融資可能なのが銀行カードローンとなります。
収入がゼロの専業主婦は配偶者貸付により融資してもらえます。

銀行カードローンが借りられてさらに内緒にできるのはなぜ?

消費者金融で可能な配偶者貸付と違い、夫の同意が必要ないからです。
世帯収入の証明のために夫の収入証明を提出する必要もありません。

担保や保証人も必要なく、このような貸付を信用貸しといいます。
配偶者に安定した収入があることを条件に審査で申込者本人の信用情報も確認しています。
そのため、申込時に入力ミスや虚偽の申告は信用情報調査でも確認され、事実と異なる申込がされると審査通過は厳しくなります。

審査基準として、第一の条件として配偶者が安定した収入があることです。
必要書類は「身分証明書」「住民票」の2点です。
夫の「同意書」無しでキャッシングできます。
尚、夫の「収入証明書」も必要ありません。
審査に通りやすくする為には、お金に困って焦っていても複数の会社に申込みをしない事、また借入残高を削減することです。
クレジットカードの支払いを延滞していない等、自分の信用度を高めておけば審査は通りやすくなります。
次に、口座開設です。
通常は、融資してもらう銀行の口座開設をしてからとなります。
しかし、口座開設までに時間がかかるので、即日融資が難しくなります。
なので元々使っている銀行の口座があれば、そこのカードローンを利用することをおすすめします。
元々利用している銀行なので郵便物が自宅に届いても不振がられる事もありません。
口座がなければ、口座開設不要、即日融資が売りの銀行があります。

面倒な手続きも無いのでそこを利用しましょう。
利用明細は必ずWEBにて確認するようにします。
また、その他のお知らせは全てメールで届くようにします。最近ではパソコンを使ってインターネット内で全て済ませられるので郵送のリスクがかなり低くなりました。
連絡先も自宅では無く自分に電話が掛るように出来ます。

これにより、夫や家族にバレるリスクも格段に下がります。
借入や返済時は提携ATMを利用すれば、手数料が無料で銀行からお金を引き出しているように見えます。
最後に、返済が滞ったり、連絡を無視し続ければ問答なしに自宅に郵送されます。
銀行カードローンは比較的金利も低いので無理なく利用できますが、
借入は計画をしっかりもってしましょう。

参考サイト

専業主婦でも作れるカードローン
カードローンを利用するときに誰もが気になる疑問がまとめられています。
不安をしっかりと解消することができるので、お金を借りる前にチェックしましょう。

かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!
http://www.syufeel.com/lp/cardloan01.html

総量規制
「総量規制とはどんな法律なのか」その疑問をすぐに解決することができます。
除外・例外になる貸付がまとめられているのでお金を借りるときに参考にしましょう。

総量規制とは | 貸金業法について
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html